• アニマルトレーナーMay

ケータイがないと生きていけない…ー「レスポンデント条件付け」とは?

最終更新: 6月11日



皆さんこんにちはアニマルトレーナーのMayです。

今日は、トレーニングをする上で知ってほしい言葉の1つ「レスポンデント条件付け」についてお話して行きたいと思います。

ところで、みなさんは携帯電話を1日の間どのくらい使いますか?

話したい人と電話やメール、SNSで繋がりたいときはもちろん、

必要な情報を検索したり、

動画を見たり、

音楽を聴いたり、

行きたい場所へ連れて行ってくれたり、

欲しいものを買ったり、

など気がつけば触っている時間は多いのでは?

(もしかするとこの記事も携帯電話から読んでいるかもしれません)

もし、携帯電話を家に忘れてしまった日には1日中ソワソワ、不安になるかもしれません…。

もはや携帯電話は体の一部、なくては不便を感じる!!


という方もいらっしゃるかと思います。

でもちょっと考えて欲しいんです。

携帯電話は全員にとって重要なものですか?

携帯電話がなくても平気という方もいらっしゃるし、

例えば、赤ちゃんに見せてもよろこびますか?

うーん、、きっと口に入れておしまいかな?

私たちにとっては日常に欠かせないものですが、赤ちゃんには何の意味もない・・・

これはどうしてか?

そもそも携帯電話自体はただのガジェット。そのもの自体に価値はないわけです。

しかし、

話したい人と繋がる

欲しいもの、情報が得られるなどなどの

嬉しい経験が結びつき、携帯電話を価値のあるものに変えています。

このようにもともと意味のないものが 価値のあるものと結びつく事(対提示)でそれと同等の価値に変わる手続きを「レスポンデント条件付け」と言います。

私たちの生活で他にもこの条件付けがされている有名なものは



お金です!!

(この言葉を聞いてにんやりした方、、、しっかり条件付けされています 笑)

私たちはこのお金のために必死に働きます。

これも同じく赤ちゃんに見せたらただの紙切れですが、

「欲しいものが手に入るという経験」と結びついて、

大人になるにつれ条件付けされていきます。

他にはクレジットカード、賞状やメダル、電車の切符、コンサートのチケットなどもそうですね。

レスポンデント条件付けを使い、動物たちにも条件付けして行くことができます:)

お金や携帯電話のような存在を動物たちの環境にも増やしていけたら良いですね。


#レスポンデント条件付け #対提示

11回の閲覧
 
  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter

©2020 by ビーポジトレ Be Positive Training

 All Rights Reserved.